HOME | BACK

真志西原の「誰にも聞かれてない話」-250

どうでもいいんだよ。
全部大丈夫なんだよ。

投稿者:西原真志  2013.09.20

Be a Commentator!_C-5

「大橋のぞみちゃん芸能界卒業」
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/wide_show/?1321396603

<表side>
『映画「崖の上のポニョ」の主題歌でブレークした大橋のぞみ(12)さんが芸能活動を休止する。現在大橋は小学6年生。来年4月から中学生になるが、当面、学業に専念するという』ニュース。男女ともに子役が頑張っている昨今、とても残念なニュースではあるが、まだ12歳でこれからの人生は長い。改めてゆっくりと彼女自身の歩みを進め、一つひとつ“のぞみ”を叶えて行って欲しい。

<裏side>
『映画「崖の上のポニョ」の主題歌でブレークした大橋のぞみ(12)さんが芸能活動を休止する。現在大橋は小学6年生。来年4月から中学生になるが、当面、学業に専念するという』ニュース。いやー、素晴らしい! 大橋のぞみちゃんは僕にとって良い方だったが、最近もてはやされている子役を見ていると心配になる。この子たちは大丈夫かと。特にM菜ちゃん。当然ながら悪いのは周囲の大人だが、CMの彼女を見ると世を惑わす魔女に見えて仕方が無い。彼女を安易に利用する企業に文化や哲学は何一つ見当たらない。

投稿者:西原真志  2011.11.16

Be a Commentator!_C-4

「被災地で離婚相談急増 失業・環境激変…絆引き裂く」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111017/dst11101710050008-n1.htm

<表side>
「東日本大震災以降、婚約・結婚指輪の売り上げが増えるなど家族の絆を求める動きが高まる一方で、宮城県内では離婚を相談する人が増えている。ある民間相談所では4月以降、被災者の離婚相談が震災前と比べ3倍に達した。被災による失業や住環境の変化が背景にあるようだ」というニュース。キレイごとは言えないが、こんなときこそ夫婦で共に乗り切って欲しいと勝手ながら願わずにいられない。

<裏side>
「東日本大震災以降、宮城県内では離婚を相談する人が増えている。被災による失業や住環境の変化が背景にあるようだ」というニュース。インタビューに答えた女性は「すべてが流され、もう一度夫とやり直していけるかを考えたときに『もうだめだ』と思った」と話す。有事のときこそ人間そのものが露呈する。離婚の理由は、その人間性を垣間見てしまった夫婦の結論なのだろう。いくら大変とはいえ、やはり夫婦間でも身勝手は許されないのだ。

投稿者:西原真志  2011.10.17

Be a Commentator!_C-3

「ウォール街デモは企業CEO宅も標的に、15日には世界一斉デモか」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000887-reu-int

<表side>
格差社会の是正などを訴えて米ニューヨークのウォール街で始まったデモ。確かに“儲け”のみを目的とした心の無い金融活動が目に余る。金融や証券、保険はモノを生み出す仕事ではなく、モノを動かして利を得る仕事。生産者や消費者との距離は遠く、この部分に携わる人々に社会への影響力を持たせてはいけない。「1%の富裕層が米国の富を独占している」ことへの憎しみではなく、これまでの悪弊を是正していくために。

<裏side>
格差社会の是正などを訴えて米ニューヨークのウォール街で始まったデモ。確かに社会的な利よりも、個の“儲け”のみを目的とした心の無い金融活動が目に余る。企業も同じで、一部を除いてどこまでそこに属する社員が幸せを享受しているかは疑問だ。しかしその社員自身も無闇な利益追求に感化されていることが多く、そこに同調しないと現社会の経済活動は成り立たなくなっている。このデモは世界中で理解・同調されてゆくだろう。

投稿者:西原真志  2011.10.13

Be a Commentator!_C-2

「<新生児>病院から連れ去られる…2時間半後に保護」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111007-00000002-mai-soci

<表side>
生後3日の新生児が病院から何者かに連れ去られたニュース。8階の病室で母親がトイレに行った隙の犯行だったという。母親が感じた恐怖は計り知れない。捕まった犯人の女性と一緒に住む男性からの通報で、事件は解決。犯罪の中でも誘拐は特に非人間的行為だ。とにかく無事で本当に良かった。犯人の近くにいた男性が冷静で良かった。


<裏side>
生後3日の新生児が病院から何者かに連れ去られたが、2時間半後に無事保護された事件。犯人は女性。欲しかったからなのか、犯人の身勝手な衝動で“生後3日”、家族にとっての“第一子”の命が危険にさらされた。お腹で育って世に出てくるまで、ずっと母親と一緒に頑張った命。「あのときトイレにさえ行かなければ」と母親の悲嘆と後悔の日々にならなくて本当に良かった。

投稿者:西原真志  2011.10.07

Be a Commentator!_C-1

「男女産み分け目指しタイへ 日本人急増、年に約30組」
http://www.asahi.com/health/news/TKY201109240489.html

<表side>
これから子を授かる家族にとって、男女のどちらが欲しいかはいろいろ。先日までは体外受精や代理母などで子を授かる・・・がまずあったが、それはもはや通り越して今度は性別までコントロールできるようになった。技術の革新の凄さに驚くとともに、より効率的に子を授かることができ喜ぶ人は多いだろう。

<裏side>
エネルギーが足りないから(自然にはあり得ない物質を使う)原発を推進する。ペットブームだから人の意思でいろんな動物を繁殖させる。子供が欲しいから体外受精や別のママに生んでもらう。クローン生物を誕生させる・・・。これらは必要なニーズではなく、あくまでも凝り固まった人の欲。その行き着く先は崩壊だろう。

投稿者:西原真志  2011.09.29