HOME | BACK

出演者募集

新コーナーを始めることにしました。
タイトル未定ですが、超一般人に焦点を当てます。
”超一般人”というのは、メディアで取り上げられるようなものではなく、
”真の一般人”という意味です。

これまで自分は、3ケタまではいきませんが、
数十人のアーティスト、経営者にインタビューをしてきました。
もちろん今もしています。
その多くの方にいただいた感想が、
「自分を振り返ることができた」「気づかなかった部分に気づけた」でした。
この部分は実は、一般的な人にこそ必要であると感じています。

そこで、普段は取り上げられないけれど、
いろんな物語を経て生きている方々の話を聞きたいと思いました。
物語は無いようで、必ずあるもの。
あなたから何かを引き出させてください。
あなたから何かを引き出します。
またそれこそが、我々の知りたい内容でもあります。
原稿チェック後、納得いかない内容でしたら、
掲載NGでも結構です。
私自身を賭けますので、ぜひ一度ご賞味ください。

どなたか私に話を聞かせてくださる方、
WEB上で公開という形にはなりますが、
もちろん匿名で結構です。
(年齢、性別等は掲載させていただく形になりますが)
”超一般人に出ます”のタイトル明記の上、
nishiko@linga.jp
までご連絡をください。

お待ちしております。

高嶋真志

投稿者:高嶋真志  コメント (0)  2007.08.01

再び

やりたくないこと、はじめます。

『大晦日だよ! 河村隆一カウントダウン・ライブ』をもって、
一旦活動を休止しました「縄文時代に生まれて」ですが、
このたび、活動を再開する運びとなりました。

今後の更新は不定期になりますが、
また少しずつでも、レポートをしていこうと思います。
ご期待ください。

高嶋真志

投稿者:高嶋真志  コメント (0)  2007.07.25

「縄文時代に生まれて」最終回に際して

 「縄文時代に生まれて」のメールマガジン「吐息通信」をご覧いただいている方にはお伝えしましたが、今回公開になります『#19今こそ! マツケンサンバ・コンサート』と『#20大晦日だよ! 河村隆一カウントダウンライブ』を持ちまして、一度この企画を終了させていただく運びとなりました。

 思い返せば3年弱、20回にわたり、“やりたくないこと”を実行してきました。来月はどんなやりたくないことをしようかと常に考え、ときを過ごしてきました。それは辛くもありましたが、自分にとって非常に有意義な経験となったことも確かです。
 「今までで最もイヤだったのは?」と聞かれることがありますが、どれも同等にキツイものでした。強いて“2度とできないもの”の観点で言えば、#20(河村隆一)になりますでしょうか…。

 第1回の「トシちゃんライブ」を見に行ったときの自分と現在の自分に、それほどの違いは“あるようで無い”と思っています。でも実は、“無いようである”と感じているのも事実です。そんな意味で、このタイミングでの最終回となりました。

 「縄文時代に生まれて」に限らず、これまで“何かをつくる”ことに自分は少なからず、携わってきました。その中でも、初めて人から「感想」や「レス」をいただけたのが、この「縄文時代に生まれて」でした。僕にとって「縄文時代に生まれて」は、とても大切なものとなりました。

 ご愛読いただいた方、ご感想をくださった方には、心から感謝しています。本当にありがとうございました。

 またいつか、何かします。

                    高嶋真志

投稿者:高嶋真志  コメント (2)  2007.05.31